アピラボbyメーキャップラバーズ

男性向け身だしなみの整え方と清潔感の保ち方

臨床化粧療法士®、理容師の池脇はるみです。

横浜市内にある理髪店の中でシェービングやフェイシャルエステなど産毛とスキンケアに特化した仕事をしています。

 

当店には「身なりをきれいに整えたい」という男女が多数来店します。

今回は臨床化粧療法士®が考える男性の肌の整え方や、身だしなみについてお伝えします。

 

身だしなみの整え方、清潔感の保ち方

 

 

コロナ禍をきっかけに見た目を気にする男性が増加

 

ひと昔前、「フェイシャルエステを希望する男性」と言えばリラックス目的のお疲れの方、美意識が高い方というのがほとんどでしたが、ここ数年の傾向として『身だしなみを整えて清潔感のある印象になりたい』というニーズが増加して来ています。

 

特にコロナ禍以降、オンライン会議など「自分の顔をまじまじと見ながら会話する」という新しい生活スタイルもいスタートしたことがきっかけになり「眉毛が気になる」「産毛をきれいに処理して顔をもっとスッキリさせたい」というお客様が増えてきました。

 

 

清潔感のある素肌のためのセルフケア

一般的に男性の肌は女性の肌に比べて水分量が少なく皮脂が多く肌のキメが荒くなりがちです。適切なスキンケアで健やかな肌をキープしましょう。

大切なことは「洗顔」「保水(化粧水)」「保湿(クリーム)」を一連の流れとして行うことです。

 

洗顔は泡立てた泡の弾力で汚れを浮かせることをイメージ。ザラつきが気になるからといって力を入れてすらないこと、タオルでゴシゴシ拭かないことが大切です。肌への摩擦は肌荒れのリスクやシミやくすみの原因になることも多く、百害あって一利なしです。

 

洗顔後は保水(化粧水塗布)と保湿を行います。乳液やクリームのベタつきが苦手で「化粧水しかつけたくない」という方もいらっしゃると思いますが、保湿をせずに放置すると肌を守ろうとして過剰に皮脂が分泌してしまうことがあります。

 

乳液やクリームは化粧水の水分が蒸発しないように蓋をする目的なのでごく少量の塗布で構わないので保湿まで行うように心がけましょう。

 

 

スキンケア用品をいろいろと取りそろえるのが面倒な方にオススメしたいのはひとつで保水も保湿も叶う「オールインワンジェル」タイプのクリームです。
このタイプの商品は化粧水、美容液、クリームが一つにまとまっていてベタつきも少ないことが特徴です。

 

メンズライクなものからご家族でシェアできるユニセックスなタイプまでドラッグストアやコンビニでも種類豊富に置かれていますので、肌刺激のない、使用感の良いものを選んでみてください。

 

 

朝の洗顔の仕上げにUVケアもお忘れなく

朝の洗顔後はスキンケアの仕上げに日焼け止めを塗ることをお忘れなく。

 

在宅ワークで家にいると言っても紫外線は家の中に差し込みます。
日焼け止めはお湯で落とせるものや石鹸で落とせるもの、クレンジングが必要なもの様々あります。

 

夜の洗顔ではその日塗った日焼け止めもしっかり落としたほうがいいので、在宅なのか、外出をするのか、山や海に行くのかなどの目的に合わせて日焼け止めを選ぶのはもちろんですが、落とす時のことも考えて生活スタイルに合った日焼け止めを選びましょう。

 

 

ワンランク上のスキンケアを求めるなら理髪店の利用も

 

 

いつものスキンケアに加えてワンランク上のお手入れをしたいときは理髪店のシェービングを検討してみてはいかがでしょうか?

 

理容師はお肌と毛(髪の毛・ヒゲ・産毛)のスペシャリスト、ボサボサになった眉毛や目の周りや小鼻周辺を覆っている産毛、伸びてきた耳毛など、自分では手が届かない部分や見えない部分の身だしなみもしっかりと整えることが出来ます。

 

ひと月に一度はプロのお手入れ、その他の日はセルフケアを続けると清潔感のあるお肌を保つことが出来ます。

 

 

シェービングサロンの探し方

 

「メンズシェービング  ○○区(地域名)」
「メンズ顔そり ○○町(地域名)」などで探すと近隣のシェービングサロンを探すことができます。

 

HPなどで提供サービスの確認をすることができるので「髪を切らずにシェービングだけをお願いしたい」「せっかくならヘアカットもシェービングも一度にしたい」など、ご自身の目的に合わせてサロンを探してみてください。

 

 

清潔感のある姿になるために

 

清潔感のある見た目になるために必要なことはごくごくシンプルなスキンケア習慣で、そこを見直すことでお肌が健やかになる場合も多いようです。

 

わたしたち臨床化粧療法士®はスキンケアやメイクなどを介して外見的なお悩みを抱える方の声に耳を傾け心に寄り添い自分がありたい見た目について当事者と一緒に考えていく化粧療法のプロフェッショナルです。

 

気になることがあれば私たちにご相談ください。

この記事を書いた人

池脇はるみ

臨床化粧療法士®/理容師
神奈川県横浜市保土ヶ谷区の理髪店の一角でシェービングエステを主軸とする仕事に従事。サロンワークの他に横浜市子育てサポートシステム研修会、横浜市ろう支援学校親の会などで「かんたん眉メイク講座」を担当。「肌や眉やメイクの悩みを楽しみに」をテーマに日々活動中。

資格講座の申し込み

資格講座の申し込み

「臨床化粧療法士®」になる為の資格講座やワークショップを随時開催しています。お化粧のちからで、より多くの方がいきいきと自分らしく活動できる社会を目指します。

コメントは受け付けていません。

Pocket

お化粧のちからで目指す社会貢献のかたち。臨床化粧療法士®資格講座受付中。

お申込みはこちら お申込みはこちら arrow_right
keyboard_arrow_up